大島マイカーセンター会社概要交通アクセスリンクお問い合わせ
輸入中古車販売
輸入車のことならなんでも相談ください
入荷情報がいち早くわかる店長のブログ

高級車メンテナンス

メンテナンス風景イメージ高級車専門だからこそ、豊富な高級車のメンテナンス実績があります。

電球1個の交換からご依頼ください。

外車は特に生産国やメーカー、車種ごとに特有で発生するトラブルが違います。車種や年式等でもさまざまです。

そういったクルマごとのノウハウは、高級車専門店ならでは。ぜひ一度ご相談ください。お客様のクルマのメンテナンス方法や特性などご相談いただけます。

大切な人の「命」も乗せているから・・・

 輸入車は国産車に比べた時、故障頻度は多いと思います。 比較すると、

1.まず基本的に国産車の方が電気系統が丈夫です。

2.熱対策です。ヨーロッパは日本ほど気温も上がらす、渋滞も少ないです。ですので本国では故障しない部品が日本で使用すると壊れます。

日本と違い、部品をマメに交換して所有するスタイルが常識的。

これはヨーロッパの方が、日本より「命」「安全」「環境」に対して意識が高いことからも繋がっています。

例えばブレーキパッドを2回交換したらディスクローターも交換する。

なぜなら「命」を守る所に直結しているからです。当然180KM出しでもがっちり効きます!

日本は、効きよりも耐久性(経済性)を重視します。

日本では維持費がかかる車=好かれない=売れない と言う図式があるためです。

ですので、維持費や故障に目くじらを立てる人には輸入車は不向きかもしれません。

しかし命を守る、と言う観点については生命保険に加入しても命を事前に守れない事を考えれば

メンテナンス代も安い投資だとヨーロッパ人は考えます。

運転中はご自分だけでなく、ご家族等大切な人の「命」もをも預っているので、

それに見合ったパートナー(車)をお探し下さい。

お車Q&A車購入疑問等をお聞き下さい。

専門スタッフによる的確なアドバイスをさせて頂きます。

【ベンツ】

寒い国のクルマなので、日本で乗るとどうしてもエンジンルーム内の「水周り」「エアコン」あたりが壊れやすいですね。夏場はできるだけ屋外駐車は避けましょう。

丁寧に乗る様に心がければ、ミッション・エンジン等も長持ちしますよ!!

エンジンをかける時は,ONにして少し置いてから、セルを回すようにしましょう。

【BMW】

BMWはこちらもやはりエンジン周りがネック。ドイツ車なので、高温多湿の日本の気候では厳しいときがあるようです。

近年はだいぶ丈夫になってきているので大丈夫ですが、年式の古いクルマは要注意。

オイル添加剤のワコーズ【ワコーズ・オイル添加剤】

人気のワコーズ製品です。

お客様にとても喜んで頂いているオイル(添加剤)です。

輸入車にも安心安全にお使い頂けます。

是非一度お試しください。

当店はワコーズ販売協力店です。

ワコーズ商品は量販店等では販売していません。

HOME